黄昏を生きる

これはこれでひとつの世界なのだと思う。ひとつの世界として捉えればまた別の角度から眺める事が出来る。
黄昏は終焉ではない。黄昏は新しい次元を開く扉の様なものなのだ。

投稿者: 円 蛇丸

人生絵本表現作家

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中