切り株~希望と再生の視座

切り株描画A01

童話『おおきな木』の最終頁
切り株に座った“かつての少年”の姿がある。

物語りはそこで終わりだろうか?
おおきな木はそれからの世界を見つめさせてくれる。

切り株描画A02

改元。令和時代の始まり

元号が変わったからという訳でもなく、世の中の基盤が変わって来るような様相を感じる。 これは私が歳を取ったせいでもあるが、なかなか対応が難しい時代になってきそうだ。