黄昏を生きる

これはこれでひとつの世界なのだと思う。ひとつの世界として捉えればまた別の角度から眺める事が出来る。
黄昏は終焉ではない。黄昏は新しい次元を開く扉の様なものなのだ。

広告