空之巻

天地の間に存在する人の世を「空界」と呼ぶ。

この世一切の空を知る。
風はながれ雲はとどまらない。形あるものもいつかは風化する。
だからこそ その刹那を切り取って永遠のものにしようと願うのだが
それこそが人の根元に棲む見果てぬ渇望というものだろう。
______________________________________
広告