還暦三界之書

還暦を経て人生とそれを取り囲む諸々の世界の展望が広がった。
還暦はまるで腰を下ろす切り株の様なものにも思える。

天之巻
己の至らぬ程に遥か壮大な存在を「天界」と呼ぶ。

空之巻
天地の間に存在する人の世を「空界」と呼ぶ。

地之巻
生命の誕生する定めの基を「地界」と呼ぶ。

エッセイ小説【還暦百態物語】

______________________________________

広告